日記・雑記

犬の腹痛のサイン知ってる?改善策と予防は?

投稿日:

暑いときは要注意!犬の変化に気づいてあげて!

最近突然暑いですよね・・・(;´Д`)今年の梅雨入りは遅くて何だか変な天気がずっと続いていますよね・・・

人間は服を着たり脱いだり、エアコンをつけたり、冷たい食べ物を食べたり。

自分の意志で色々できますがペットは出来ないですよね(´Д⊂ヽ

だからこそ、飼い主がしっかりとペットの管理をする必要があります。

とは言ってもいつもペットのすぐ側に居れるわけじゃないですよね。ペットを1人でお留守番させなきゃいけない日もあるし・・・色々生活がありますからね。

暑いからエアコンつけていくね!とか単純に考えていませんか?

今日はワンちゃんの腹痛のサインや暑さ対策のお話をしたいなと思います。

というのも私は犬を飼っているのですが数日前に体調を崩してしまい・・・そのお話をまじえて今日はブログを書こうと思います。

寒すぎても暑すぎても体調を崩す!お腹が痛くなるワンちゃん急増中

病院でまず言われたことが、最近お腹が痛くて来院するワンちゃんが多いという事。

やっぱり季節の変わり目には人間も同じでワンちゃんも体調を崩しやすいんだそうです。

暑いからという理由でエアコンをガンガンにつけたりするとワンちゃんは自分で体温調節をしなきゃいけない動物なので大変!

お腹の風邪になっちゃいます。

そして反対に私達はそこまで暑く感じなくて扇風機だけとかエアコンを弱くつけていてもワンちゃんには暑い!と感じることもあります。

そんなときはフローリングなどで伏せのポーズをしたりしますよね。でもこれが結構要注意!

フローリングでの伏せのポーズはワンちゃんのお腹を冷やしてしまうんです。

というのも、どんなに毛の多い犬でもお腹の周りは毛が無いですよね?そこを冷やしてしまうと下痢になったりしちゃいます(´Д⊂ヽ

そこまで神経質にフローリングでの伏せのポーズを見守らなくてもいいと思いますが、少し注意してあげたほうがいいと思います。

ワンちゃん用のひんやりマットは要注意!

夏になるとワンちゃん用のひんやりマット(冷却マット?)が発売されますよね。

比較的安いお値段でどこのペットショップでも売っててデザインも可愛いものが多くて持ってる!というかたも多いのではないでしょうか?(・∀・)私も持ってます。

でも実はこれ、要注意なんですって。フローリングと同様お腹を冷やしてしまいますからね(;´∀`)

冷却マットが駄目とかじゃなくて、問題は、その場所が自分の場所だと認識する事です。

おおらかなワンちゃんとかなら好きな時に好きな場所で寝ていいのですが、神経質なワンちゃんだったり怖がりなワンちゃんの場合「自分の場所」「自分の寝る場所」を決めることが多いです。私の犬もそうです・・・

そうなると、その冷却マットが暑いからとかじゃなく、ただ自分の寝場所として認識するとあまり暑くない時でもそこで寝るようになるとお腹を壊しやすくなるそうです。

繊細な子はやっぱり色々難しいです・・・私も自分の犬ながら毎日苦戦しています(´Д⊂ヽ

ワンちゃんがお腹が痛い時の見分け方・サイン

 

ワンちゃんがお腹が痛い時のサインがあります。それが、伸びをするようなポーズでお尻を上につきあげるポーズ。

このポーズはただの伸びにも見えるので結構見落としがちですが、ワンちゃんが飼い主さんにサインをしています。

しっかり気付いてあげましょう(・∀・)

他にも難しい病気の場合やサインをしない場合もありますから、それはちょっと素人の目で見ぬくことは難しそうです。

もうひとつはお腹の音を聞いてあげることです。私の犬はお腹がもともと弱く、お腹の音がよく聞こえます。

ぎゅるるるる・・・とか、ぐぅぅぅぅとか。

そんなときは変な顔をしてこちらをじっと見ます。きっと痛いか、「何か変だよ」って言いたい顔で見ます。

このようにやっぱりわんちゃんは他の動物に比べて顔の表情があるので、「どうしたの?」と目を見てあげてください。

必ず異変に気付けます。なんだかしんどそう・・・なんか言いたそうな目をしてる・・・

このように感じたら迷わず病院へ行って下さい。

まとめ

ペットと言っても大切な家族です。なかにはぬいぐるみのような扱いをされるかたがいるという話をネットなどで見ましたが心が痛いです・・・

もちろん愛情表現は人それぞれなので私がどうこう言うことではないですが、犬にも感情があり、何かをしてほしいこと、わかってほしいことなど勿論あります。ただ言葉が話せないのです・・・

だからこそ目を見て、行動をみてしっかり飼い主が責任ある行動をしてあげたいです。

動物病院へ行くと結構考えさせられます。診察待ちの様子。

本当にペットを愛していて心配そうに待っている飼い主さん。あー早く終わらないかなーと面倒な雰囲気で携帯を触ったりしている飼い主さん。

みていて色々考えてしまいます・・・

この前私が病院へ行った時、少し御年配の女性のかたが私に話をしてくださいました。

ワンちゃん、何歳ですか?今日はどうされたんですか?と・・・

そこから、やっぱり互いに大切なペットがどこか悪くて病院に来ているわけですから、ペットの年齢や不安な話、どうしたかなど話をしていました。とてもご親身にお話をしてくださって・・・でもどこかとても寂しそうで心配でした。

その理由がもうペットの年齢も高齢で色々ガタがきていてもう長くないというお話を聞かせていただきました。

とても胸が苦しくなりました。

きっと不安で不安でいてもたってもいられなくて笑顔で他の人に「何歳?」とか「どこか悪いんですか?」と聞いて心を落ち着かせていらっしゃるんだと感じました・・・

そして自身のお話も聞いて欲しいんだと感じました・・・とても愛情を感じました。

ペットとはいつしかお別れする日がきます。考えたくない事ですが・・・

だから私は自分の子供のように考えています。愛おしくて大切です。

みなさんもどうかペットがいらっしゃる方は、今のような季節のかわりめには充分注意して少しの異変でも何か感じたら病院へ行って下さい。



-日記・雑記

Copyright© アラサー女子のプチプラ美容術 , 2019 All Rights Reserved.